一足早く・・・(。・ω・)ノ゙

DSCF2117

一足お先に、豆撒きました!!
明日とあさっては、社員がそろわないので、
今日、アルクの節分祭を行いましたo(〃^▽^〃)o

「鬼は外〜!!福は内〜!!」

今年の鬼は・・・
五黄土星のこの二人!≧(´▽`)≦
初詣のときに、「今年は八方塞!!」という
何とも不運な運勢だということが発覚した、この二人(〃゚д゚;A

DSCF2118 DSCF2120
容赦ない豆の攻撃ヾ(@~▽~@)ノ ↑ あっ!!先輩を盾にしてる〜(ノд・。)

DSCF2122DSCF2128

みんな、ストレスたまってるのかなぁ(/□≦、)
鬼より怖い顔して、豆を投げつけてる人がいます!!

DSCF2130

今年の恵方は南南東ヾ(=^▽^=)ノ
社長・・・寡黙に最後まで食べられたでしょうか・・・。

アルクからに鬼が逃げて、
福が来ますように・・・☆

広告

上棟式(* ゜∀`*)ノ

上棟式がありました(o^∇^o)ノ

今回は、五所川原のリンゴ畑の中の
自然豊かな場所です(*´∇`*)

秋になったら、真っ赤なリンゴでいっぱいになるんだろうなぁ・・・ヽ(=´▽`=)ノ


ご家族の皆様、親戚の方々・・・
たくさん集まって下さいました(o^∇^o)ノ

 
ご家族様、大工さん、アルクの担当者・・・
みんなで、無事に竣工するよう、お祈りしました☆

滞りなく、式が終わると、
施主様が、「子供たち、集まって〜(=^▽^=)」
と、みんなを集めていらっしゃいました!!

何が始まるのかなぁ・・・と興味津々で見ていると、
なにやらお子様たちに、配っていらっしゃいました!!

これは、小銭なんです!!
なぜ、小銭をお子様たちに配っていたかと言うと・・・\(^▽^)/
今はあまり、行われなくなったそうですが、
餅まき、と言う行事の名残だそうです!!

ここで、豆知識コーナー!!

餅まき(もちまき)、または餅投げ(もちなげ)
上棟式などの神事に際して集まった人々へをまく行事。
由来は、上棟式(建前)などで災いを払うために行われた神事である
散餅の儀(もしくは散餅銭の儀)が発展的に広まったものである。
神社での祭事においても餅まきは行なわれるようになった。

典型的な餅まきは、上棟式を終えた後、
建設中の住宅の屋根などから餅をまく形式である。
餅は、紙やラップフィルムでくるまれることが多い。
また、紅白のが使用されるのが一般的である。
地域によっては、餅以外にも「赤い紐を通した5円玉50円玉」といった
小銭をまくなどの独自性もある。
1980年代以降、建て売り住宅の一般化、
近所づきあいの希薄化などのため上棟式自体が減少したが、
餅まき自体は神社や地域の祭り(ごく一部の大学祭でも見られる)などの際に、
祝い事として広く行われている。

今は、あまり見られない光景でしたので、
貴重な体験をさせて頂きました☆

上棟式!

昨日上棟式が行われました!!

会社を出る時は雨が心配な空模様でしたが・・・

上棟式が行われる時間には眩しいくらいの太陽が\(^v^)/

竣工式(^▽^)人(^▽^)ノ

続きまして・・・今度は先日行われました、『竣工式』について★
板柳に、素敵なお家が建ちました\(*^▽^*)/

完成したおうちに、ご家族皆様が集まって、式典が始まりました♪

 

お祓いして、これから始まる新しいお家での、新しい生活が、
幸せいっぱいであるように、心よりお祈りしましたo(^∇^)o

私、実は竣工式って初めてなんですヾ(^∇^)
なので、ここでちょっと、豆知識コーナー(*´∇`*)

竣工式とは・・・
建物が無事完成したことを神に奉告すると共に感謝し、
長く堅固であることを祈願する式です。
特に決まりのようなものはありません。
建築主の主催で感謝と慰労の意味をこめて、完成した家で行うこともあります。
その場合の主席者は、設計監理者・施工会社担当者・職方などです。

式次第

正式に行う場合の一般的なものを紹介します。
地域の習慣により、多少違いがあります。

1.手水の儀

入口に用意された手水桶(ちょうずおけ)から柄杓で水を注ぎ、
手を洗い、 口をすすぎ、白紙で手をふきます。
住宅の場合、省略されることの方が多いです。

2.神前拝礼

神前に向かい、斎主に合わせて一拝します。

3.修抜

参列者を祓い清めます。

4.降神之儀

神さまを神籬にお招きします。

5.献餞

神さまのお食事となる神饌(しんせん)をお供えします。

6.祝詞奏上

神さまにお祈りの言葉を申し上げます。

7.散供(さんく)

永久に災禍がないように、土地の神さまへのお供え物として米などを打ちまきます。

8.四方祓(しほうばらえ)

敷地の四方を鬼門(きもん)から祓い清めます。
斎主が、米・塩・幣帛(みてぐら)を神様に供え、
災いをなさぬよう鎮めてもらいます。

9.玉串奉奠

改めて神様に玉串(たまぐし)を奉って拝礼し、ご祈願します。
神職および参列者一同が玉串をお供えして拝礼します。
玉串は、榊の枝に紙垂を結んだもので、
神さまの御霊(みたま)と参拝者の魂を結ぶものとされています。

10.撤餞

神様に差し上げたご神饌をおさげ致します。

11.昇神之儀

神様に元津宮へお帰り頂くための祝詞を、斎主が微音にて奏上致します。
お招きした神さまたちをお送りして祭儀は終了します。

12.神酒拝載

神様にお供えしたお神酒のおすそ分けを頂きます(神人共食)。

13.神職退下

14.感謝状贈呈

15.直会(なおらい)

祭儀の後に「直会」が開かれ、
建主は工事関係者にご祝儀を渡し、労をねぎらいます。

儀式には、全て、意味があるんですね(=^▽^=)
また一つ、勉強になりました♪(* ̄ー ̄)v

地鎮祭(ノ*^▽)ノ

みなさま、いかが、お過ごしでしょうか?
ポカポカ陽気なお天気で、春を感じるこの頃・・・
花粉に泣かされてる方も多いのでは・・・(≧ヘ≦ )

さて、最近のアルクですが、雪も解け、
新築の着工やら、完成見学会やら・・・
いろいろと、頑張っております\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/
今日(4/21)と明日(4/22)も、板柳で完成見学会♪
先日は、市内で地鎮祭が行われました(*^-^*)

  

お祓いをしてもらい、工事が滞りなく、進むことをお祈りしました☆
何事もなく、無事に・・・ステキなおうちが建ちますように・・・☆

今年初の・・・ヾ(^∇^)

今年初の上棟式が行われましたヾ(´▽`)ノ
最近は、冬全開で、吹雪く日もありましたが、
この日は、快晴ヾ(@~▽~@)ノ
なんて、縁起の良い上棟式でしょう。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

しっかり、お祓いしていただきました(*^ー^*)

今回、お祓して下さった、神主さん。
とても親切で、一つ一つの「義」の意味を説明しながら、
進めてくださいましたヾ(●´▽`●)ノ

ありがとうございます☆

☆★☆ここで、今年初の、豆知識コーナー★☆★

『一般的な上棟式の手順』
※地方によって異なったり、最近では、簡素化されたりしているので、
必ずこの通りってわけではないんですが・・・☆

祭場清めの義
  東、南、西、北の順に棟梁が塩を散じます。
御祓いの義
  祭壇に向かって御祓いします。
降神の義
  神様をお招きします。その後、御神酒が開栓されます。
祝詞奏上
  神前に工事の安全を願って祝詞を奏上します。
四方がための義
  東、南、西、北、中央のそれぞれに酒、米、塩、を三度散じます。
槌打ちの義
  棟梁が盤木を木槌で打ち、施主とその家族、親戚、工事関係者の健康と繁栄をお祈りします。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです。
昇神の儀
  お招きした神様にお帰りいただきます。
お供物下げの儀
  出席者全員で御神酒をいただきます。
   
 

無事に素敵なおうちが建ちますように・・・☆(・pq・)☆

☆上棟式☆柿豊作の巻

10月28日、熊嶋にて上棟式を行いました。

天気にも恵まれて最高の上棟式日和です。

 

 

 

 

 

右の写真は「四方祓」(しほうはらえ)「切麻散米」(きりぬささんまい)といいます。

切麻と書きますが、実際は麻ではなく、和紙などで作った紙吹雪のことで、これに米や塩などを混ぜて家の四隅に撒いてお清めをします。

(毎度ピンボケですみません)

上棟式を無事に終えて、真っ先に目がいったのは「柿の木」

35°の焼酎を柿のへたにつけてしばらくおいておくと、渋もぬけておいしい甘い柿の出来上がり!!

収穫してつけようかなぁ・・・

 

 

 

 

日が沈み、岩木山を眺めながら秋にひたっていました。

岩木山が見えるなんて最高ですよね。

早く素敵なお家が完成するといいですね。